ページタイトルにキーワードを!

SEOにとってタイトル最適化は必須要件!

大手検索エンジンのロボット(クローラー)が、コンテンツを重視するようになってから、タイトル最適化は最重要項目ではなくなりました。それでも必ず対策すべき重要項目であることに変わりありません。検索結果の表示リストは、タイトルタグに記述した内容を通常はそのまま表示します。タイトルタグに記述したキーワードはクエリにマッチした時抽出されます。

検索結果リストのうち、ユーザーがどれをクリックするかは、タイトルとページ紹介文しだいと言えるでしょう。クローラーがコンテンツを重要視するようになったことで、タイトルタグの記述にはより配慮する必要が出てきました。タイトルやメタディスクリプションにキーワードを含めていても、コンテンツ内に関連する記述が無いとクローラーがタイトルや紹介文を機械的に置き換えてしまうのです。意図しない置き換えが発生するとSEO効果は期待できません。

タイトル最適化で注意すべきこと

ページのタイトルタグに自社にとって重要なキーワードを含めるのはSEOの基本です。しかし、コンテンツに無いキーワードを過剰に盛り込んだり、二重に記述することは避けなければなりません。場合によっては無理にタイトル最適化を行うより、新しいコンテンツを作った方が効率が良いこともあるでしょう。

近年ユーザーは検索結果リストに表示される過剰な喧伝文句を敬遠する傾向にあります。大手検索エンジンの運営企業は、ユーザーに有益な情報を提供することを最も大切なことだと考えており、検索結果の表示順位にもこの理念が反映されています。タイトルタグに奇をてらった喧伝文句を並べるよりは、ユーザーに正しい情報を提供するという誠実な姿勢を見せるほうが有効です。